【便利グッズ】

<ツボを押す・・・>
ツボを押す・・・
 検索しても商品名しか出てこない、なんと言う器具かわからない「ツボを押す・・・」物である。
最近、ここ何年かで机のPCに向かっている時、特に自宅でPCで遊んでいるときに肩こりを感じるようになって来た。
それまではほとんど肩こりを意識したことが無かった。そして肩を揉んでもらう習慣なんて無かった。
だから、今でも肩を揉んでもらうのには抵抗がある。抵抗というより、くすぐったい。
そこで、この「ツボを押す・・・」やつの出番である。
自分で買ったわけではないので、家族の誰かが買ってきたのだろうか。
良く見ると、立派なツルである。
自分は植物に詳しいわけではないので、何のツルなのかはわからないけれど、直径にしたら3cmはあるだろうなぁという硬いツルである。
肩こりの解消法には色々とあるらしいのだけれど、自分は手っ取り早く直接的な、このツルの先っちょでギュッと押してしまうのが気持ちよい。
まぁ、それでも肩こりは消えないのだけれどね。
それでも、時々ギュッとやるので、自分的にはツールに認定しちゃった。(笑)


<孫の手>
孫の手
 いわゆる「孫の手」である。
英語では"Backscratcher"と言うらしい。「背中を引っ掻く」ということらしいが、いかにも英語的で情緒もへったくれもない。
「孫の手」そう、子供の小さな手に背中を掻いてもらうから「孫の手」なのだ。
で、この孫の手は品代よりも送料の方が付いたという一品である。
結構前の話になるのだが、孫の手が欲しいということになって、自分のイメージでは観光地のお土産屋さんに置いてあるのを思い浮かべた。
でも、わざわざ孫の手を買いに観光地まで出掛ける時間的余裕もなかった。
そこで、某ショッピングモールである。楽天である。
検索したら鎌倉の、やっぱりお土産屋さんに置いてあった。そこでお取り寄せをすることにした。 送られてきて嬉しかったのは、ちゃんとした民芸品で、これで背中を掻くととても気持ちが良いのである。材質は竹だろうか、バリが全然なくてしっくりする。
それと、店主より送料の方が高くなってしまったという、直筆のお詫びが添えられていたことであった。
その気遣いがとても嬉しかった。(笑)
そんな嬉しい一品に「背中を引っ掻く」なんていう品名で呼びたくはない。
やはり、「孫の手」である。(笑)

【マイ・ツール】トップへ