【時 計】

時計
結構時計好きかも知れない。が、やはり高級品を身につけているわけでもない。

なぜか時計が集まってしまった。
もちろん自分でお金を出して買ったものもあるのだが、親や先輩からもらった(ぶんどった)物も結構ある。(笑)
普段はダイバーウォッチということが多いかなぁ。しかしたまには違った気分でというのもいいものである。
また、その時代で特に気に入ってしてるものがあるが、気分が変って何年も腕にしていないというのもある。
それでも捨ててしまうなどというもったいないことができないので、小物入れに案外とたまったしまった。(汗)

なんとなく順不同で抜き打ち的にひけらかしてしまおう。(笑)

<セイコー ダイバーズ キネティック>
立て続けに2つのダイバーウォッチが動かなくなってしまったので、アークションから入手した。
自動発電式で電池は取り替える必要がないので、面倒がなくていいな。(笑)
オレンジの文字盤がお気に入りだが、オークションの値段はあまり高くなかった。
この時計は海外向けのモデルらしいが、詳しい事が分からないので、どなたか情報をいただきたいのですが・・・。(汗)

<オペル ヴィータ>
カタログから自分で選べるようにした結婚式の引き出物。
なんだか車のネーミングそのものだが、オペルからライセンスされているらしい。
薄くてあまり好みではないのだが。

<セイコー 懐中時計>
これも親父が勤めていた会社からもらった物。
手巻きのゼンマイならカッコイイのだが、電池式のクォーツというところが・・・。(笑)

<オメガ デ ヴィル クォーツ>
親父がもらった物なのだが、あまり使わないうちに壊れてしまった。
中の歯車が噛み合っていないようで、リューズを回しても分針しか動かない。

<セイコー・ダイバーウォッチ>
日常的に身につけていて一番のお気に入りだ。
200m防水だが、波乗りをする関係でこの程度の防水性は必要だ。この時計は1986年頃に確か、35,000円位で購入した。オリジナルはウレタンのバンドだが何度も切れてしまうので、金属製のバンドに交換してある。

<正体不明のロレックス>
一応ロレックスなのだが・・・。
実はこの時計のはっきりとした名前は分からない。かなり昔にカタログで調べたことは有るのだが、覚えていない。もちろんロレックスの中でも一番安いタイプのものだ。
これは高校の1年のときに、親父が働いていた会社の創立記念日の記念品として貰った物を譲り受けた。
最近では一日に1時間も時間が狂うようになってしまって、机の中に入れっぱなしになっている。修理に出してもきっと高い代金を請求されるに違いない。

<Zippo社・置き時計>
ライターのメーカーのジッポー社から発売された置き時計である。
外見はライターと同じだが、頭の部分を引き出すと時計が現れるというもの。
この時計は、北海道の釧路空港でお土産を物色している時に、お土産屋の片隅におかれていた。
1万円くらいだったと思うが、「私を買って帰って」という声が聞こえたので、お土産もそこそこに時計だけを買った帰った。

<ロンジン>
何年か前に定年退職した会社の先輩からいただいたものだ。
ある日、その先輩と時計の話になり「軽くて薄いのがいい」と言う先輩に対して、「少し厚めで、重い方が好き・・・特に昔の自動巻きがいい」言ったら「うちに古い時計があるから、持ってきてやる」と数日後にいただいたものだ。
高価なのかどうかも分からないが先輩にいただいた物なので、お宝として大事にしている。(笑)
ちなみにこの先輩はカメラマンの方だった。

<セイコー・ロードマチック>
爺さんの形見の時計である。
もう亡くなってしまったが叔父さんが爺さんになにかの折にプレゼントしたものである。
バンドは爺さんが取り外しが楽なように、バックル式の物から伸び伸びのスプリング式に変えられてある。

<カシオ・ダイバーウォッチ>
波乗りの先輩からいただいた。
ちゃんとした200m防水のダイバーウォッチなので、海に行っても安心である。
俺のセカンドダイバーウォッチとして、時々海にもしていってる。
このベルトもセイコー・ダイバーウォッチと同じように切れてしまったので金属のベルトに変えてある。

<セイコー・オートマチック(レディース)>
お袋がしていた物を横取りした。(笑)
学生のときにいつもしていた物で、自動巻きのちょっと厚めの時計なのだ。
しかし今はゼンマイを巻いてもピクリともせず、リューズを回すと何となくゴリゴリとした感触が伝わってっ来る。おそらく内部がだめになっているのだろう。(涙)

<セイコー・オートマチック>
高校に入学した時に買ってもらった。
高校の時はよくしていたが、その後しばらく外したままだった。
実はこの時計は一度海にしていって海水が入ったことがある。それからしばらくの間、腕にはめているとガラスが内部の水蒸気で曇ったりしていた。
てっきりだめになると思っていたのだが、それが今でもゼンマイを巻くとちゃんと動き曇ることも無くなった。

<カシオ・G-SHOCK>
後輩がサーフショップをしていた時に買った。
ちゃんとした名前があるのだろうが、説明書が英語なのでそれも分からない。つまり海外向けモデル?(笑)
今ではブームも過ぎて G-SHOCK をしている人も珍しくなったが、この G-SHOCK もちゃんと200m防水なので時々海にしていく。
機能としてはストップウォッチとかアラーム程度しかないが、それも使うことは無い。(笑)


【お宝探し】トップへ