【財 布】

財布、本当ならお宝でも何でもないのだが・・・。
ある財布は気に入っていて何年も使ってきたのだけど、そうしても使い続けることできないとか。
また、ある財布は手に入れてみたのは良いけれど、使いづらくてどうしても持ち歩くことができないとか。
色々と理由はあるのだけれど、なぜか机の引き出しにしまわれている財布達である。


長財布
まだそれほど使い込んでいない長財布である。
まだまだ新しいのだけれど、残念な事にファスナーが壊れた。閉まったと見せかけて、開いてくるから始末が悪い。だから、新しいのを買う事にした。
カードが沢山入る中はこんな感じ・・・。

当然のごとくこの財布もネットを捜しまくって見つけた財布である。
それまではあまり長財布を持ち歩いて使ったという事が無かった。しかもこの財布はカードを一杯入れるためのカードポケットが、これぞとばかりに作り込まれている。
必然的に財布は厚くなりポケットに入れて持ち歩くには不便な物となってしまった。(汗)
それでも最近ではカードがとても多くなってしまったので、持ち歩きは犠牲にする事にした。
でも、この有様である。
まさかファスナーが閉まらない状態になるとは思わなかったなぁ。


財布
もう何年使っただろう・・・。ちょっとくたびれた財布である。
内側はこんな感じぃ。

まだ十分に使えるのであるが、新しいのに取り替えることにした。なぜなら、どうもこの財布・・・・困ったことに万引き防止装置に引っかかるのである。一関市内のブックストア、デパート、CDレンタル屋はもちろん聖地東京秋葉原の小さなパーツショップから大型家電店まで、装置があるところではキンコーンとかビィ〜ビィ〜とか鳴らしてくれるのである。ちょいとこれは格好が悪い。
いつもは店に入る人、出る人と一緒に何食わぬ顔をして装置を通り過ぎている。もし装置が鳴り出しても俺なのかそれとも一緒に通った人なのかが判断できない・・だろう。(笑)
しかし「やって」はいないのだが、装置の前を通るたびにどうも後ろめたさをずっと感じていたのだ。
先日火事になってしまった秋葉原の大型家電店は各階のエスカレータの降り口に装置を設置していたのだが、ある階で店員に呼び止められてその店員の前で財布の中に入っていた物を全部出して財布だけ装置をくぐらせてみた。そしたら、ほら、やっぱり・・・・。(汗)
ちょっと思い立って会社への通勤途中にあるCDレンタル屋で久しぶりにレンタルしようと思っていたが、いちいち財布を説明するのは面倒だという気になった。装置が反応するということに気が付いた時から財布を新しいものに交換しようと思っていたのだが、自分流に使いやすそうなのが中々見つからなかった。しかし写真を撮りに出かけた時にユニクロに入って見たら、どうやら使いやすそうな財布を見つけてしまった。
これであの後ろめたさを感じることが無くなり安心して万引き装置にわきを堂々と通れるのだ。(笑)


赤い長財布 女性用
ずいぶんと昔に女性雑誌の「COSMOPOLITAN」日本版にあった応募すれば全員にプレゼントキャンペーンというのに応募してもらった、当然ながらの女性用長財布ラウンドファスナーである。
何か広告で見たのだったか応募者全員にウォレットがプレゼントされるというので、当時新入社員だった女の子に頼んで買ってきてもらった雑誌への応募だった。
確か綴じ込みの封書か何かがあって、雑誌を買った人しか応募できなかったんじゃないかなぁと記憶している。
プレゼントはネイビーとこのレッドの2種類で、新人女の子はネイビー、自分はレッドを応募した。
結構気に入ってはいるのだけど、さすがにレッドの長財布を持ち歩くという勇気は無かったので、家でまとまったお金を入れるとかカードを入れるとか、そのようにして今でも使っている。
その応募してくれた彼女はその財布は今はどうなっているのかは知らないのだけれど、その当時は普通に財布として使っていたようだ。
できれば、ネイビーの方も応募しておけば良かったなぁと今になって思う。
今度、その女性社員に会ったら、その時に持ち歩いていた財布はどうなったか聴いてみることにする。(笑)


【お宝探し】トップへ