一輪ざし

一輪ざし
 さて、これはいつから俺の手元にあるのだろう?
実家の応接間にポツンと置いてあったような記憶があって、それを持って来ちゃったのかな?
それとも実家の誰かに「持って行きな」と言われて、この家に来ちゃったのかな?
どちらにしても記憶が定かではない。
ステンレス削り出しの一輪ざしのようである。
一輪ざしと言っても、今までに水を入れて花を挿しておいたということもなく、ただ机の上のオブジェとなってしまったと言う感じであるが。(汗)
本当は花でも挿しておかないと、オブジェ以外にはこれと言った利用方法もなさそうである。

一輪ざし
 会社の廊下に燃えない系のゴミBOXが設置してある。インクカートリッジだったり電池だったり、リサイクルできるものとそうではないものとを分別できるように4つの収納場所がある。
この一輪ざしは壊れ物系の中に置いてあった。割れたグラスなんかと一緒に捨ててあった。
なんとなく気になっていたけれど、他の人が捨てたものだからちょっと様子を見て、もし回収されてしまったら仕方ないと思っていた。
それでもなぜか回収BOXはずっと捨てられた物が回収されずにいた。
ちょっと洒落のつもりで、その回収BOXの中から拾ってきた。
欠けていたり、ひび割れていたりしたら、元のように回収BOXに戻すつもりだったのだけれど、どうやらどこにもひびが入っていなかったし、欠けてもいなかった。
誰か机の上を整理して邪魔になったのだなぁ。
決してお宝鑑定団のような番組に出品されることの無い、大量生産された雑器なのだろう。
誰にも使われることの無くなった、必要とされることがなくなってしまった一輪ざしなのだろう。

【お宝探し】トップへ