by simple-hama
【あの人は今・・・】


【あの人104】T君

これを書こうと思ったが苗字が思い出せなかった。
同窓会に会った時の彼の言葉を思い出した。
「音楽やってたから、テレビに出るって、ずっと期待してたぞ。まだ出ないのか」
その同窓会の時は、残念ながらバンドを組んでることはおろか、ベースを手にすることもなかった時代だった。
再びベースを手にするのは、その同窓会から数年が経ったときだった。
だから、彼の言葉はその時は結構応えた。
というより、自分に恥じ入った気がしていた。
心のどこかでは音楽をまたしたいと思っていたけれど、やれるメンバーも見つからずに、音楽の事さえも忘れていた時期だった。
彼は高校の同級生で、応援団幹部だった。
進学は某国立1期校で旧制四校。
普通に考えても頭は良かったんだと思う。
それでも、高校時代の彼は気取らずに、そんな素振りも見せなかった。
それが、大学を卒業して探偵になったという噂を聞いた。
確か、本人からも探偵をしたことがあると聞いた。
いつ転職したのかは分からないのだが、今では教職員になっている。
そして、これまた同級生のK・Kさんと結婚していた。
彼の「テレビ」の言葉はずっと忘れたことがなかったが、アマチュアバンドでは出演するのはかなり難しい。
けれど、幸いなことに地元にはCATVがある。
そして、バンドを再開して、いくつかのバンドを経験した頃に、CATVの番組でライブ模様が放送されたのである。
地上波ではなかったが、ちゃんとテレビに映ったのである。

ちなみにうちの長男が小学校に在籍していた時に、K・Kさんは同じ小学校の教員だった。(笑)



[back]